2011年12月30日

ザヒューマンで読む心のふるさと 守るべきもの

国際ジャーナルに大麻の危険性に関する記事を見つけた。
この数年、大麻に関するニュースを目にする事が随分多くなった。とくに若年層への汚染が爆発的で、大学生が自宅で栽培していたなんていう事もある。

確かに私たちには“未知なるもの”“スリルあるもの”に対する好奇心がある。
しかし、些細な過ちを起こした結果が本人に跳ね返るならまだしも、周囲の人をも深く傷つける事である事を忘れてはならない。

ありふれた言葉だが、人は一人で生きているのではない。
生まれた瞬間から誰かの手によって生かされている。だからこそ、守るべきものを見誤ってはならないのだ。
こんな話を聞いた事がある。災害時、救助隊は決して死んではならないそうだ。その瞬間に救助隊ではなく犠牲者の1人になってしまうからだという。途中を大分省略したので、極論の様な話になってしまったが、これが“守るものを見誤らない”事なのだと思う。
要は、自身の大切な人を守りたいのであれば、まずは徹底して自身を守ることだ。自身に降りかかる困難や苦しみ、そして過ちの代償は決して自身だけでは受け止められずに周囲を傷つけてしまうのだから。

また、友人は以前から興味を持っていた不動産投資について、不動産 大阪 土地などで調べていた為、投資に関する知識が豊富なので個人的におすすめだという会社を教えてくれたこともあります。
今度の誕生日にはアロママッサージ 大阪を贈りたいと、プレゼントに使えるクーポンが気になっていると話していました。
その友人は、国際通信社 歴史の雑誌でうつ病を克服したそうで、表情も明るくなっており元気そうで安心しました。
通勤や通学の面で便利そうに思えた賃貸物件 大阪は、近くに商店街やスーパーなどもあり、主婦の方にも喜ばれそうな物件でした。
友人の写真がキレイだったので、どこのカメラを使用しているのかを聞いたら、P300を使っているようです。
昔から親友はビジネス雑誌などで猛勉強中とのことで、国際通信社グループの雑誌がオススメだと話していました。
そのおかげで友人の私生活が充実し以前よりも趣味が増えてきたようで、近頃のマイブームはシアル来夢を使うことです。
お一人の方が防災時に心配で、防災 コンセントに代えようかと考えているとお話をなさっていました。
また可愛らしいキャラクターで分かり易く説明している様子に好感が持てたと話していました。
友人は、近々、デジタルカメラの購入を考えているらしく、今ならCX180がよさそうだと言ってました。
posted by きっちゃん at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。