2010年01月16日

国際ジャーナルと取材 捕鯨調査船を妨害、シー・シェパード

捕鯨調査船とシー・シェパードと、意見は対立しているので何ともですが・・・

映像を見る限りでは、シー・シェパード船が突っ込んできたという感じですね。



“シー・シェパード”



“グリーンピース”から分派し設立された団体で、代表はポール・ワトソン氏。

海洋哺乳動物保護を訴え、他国の捕鯨船に体当たりして沈没させるなど、

過激な反捕鯨活動で知られ、「エコテロリスト」とも呼ばれている。



シー・シェパードの船は、オーストラリアの港に滞在、

オーストラリア政府が容認している団体らしいですね。

それも、おかしな話です(笑)

国と国とで話し合えば良いのに、捕鯨禁止を推奨する国だからとシー・シェパード

をバックアップしているのは変ですよね〜

そんな国でも日本人は行きたがるのですから、これまたおかしな話です。



活動基金は捕鯨反対の人達の募金みたいですが、ドリンク会社がスポンサーにいる

なんて噂も聞きますね。



捕鯨禁止・・・

そう言われても、日本は昔から捕鯨をしていた。

そして、獲れえたクジラは余すことなく、食糧に、油にと利用。

余す事はなくとは言っても、内臓とかは廃棄するかもですが(笑)

髯だけを使用していたり、油だけを利用していた国とは違います。



中国人の知り合いが、ハトを見て「ハト美味しいよ」と言いました。

日本では平和の象徴というか、ハトを食べるという国ではない。



モンゴルでは、ギ肉が主流な食べ物。

しかし、日本はヤギはどうでしょう・・・

ヤギの乳やチーズは食べた事ありますが、私の口には合わなかった。



国の食文化を上げていたら、切りがありませんね(笑)



なぜ、捕鯨だけがいけないのでしょうか・・・



日本以外の国での文化にクジラがいなかったからでしょうか?

そんなの他にもありますよね。

タコ、ウナギ、日本では好まれますが、食べる習慣のない国は沢山あります。



それよりも日本は捕鯨について、もっと前向きでないといけないと思います。



日本は島国、周りは海、そして資源の少ない国。

資源が少ないが、周りの海から恩恵を受けることができる。



もし、捕鯨禁止が決まったら、次はマグロが禁止の対象になるでしょう・・・



その次は何でしょうか・・・



日本の未来を考え、他国から食糧調達が難しくなった事を考え、はっきりとした意思


持って、世界に挑まないと、日本は世界から好き勝手に扱われる国となります。



今回の件をきっかけに、鳩山総理はもっと自己主張すべき!

とは、いえ。。ハト総理じゃ。。無理だな〜


国際ジャーナルを求めて
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
ニッポンの夜明け
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
現代画報
報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
posted by きっちゃん at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。