2013年02月19日

熊本 日本を支えてきた貿易の行方

貿易立国として、これまで経済的な発展を続けてきた日本ですが、これからはど
うなっていくのでしょうか。リーダーズアイでは、日本の貿易の将来に ついて
どのように分析しているのか興味深いところですね。輸出額から輸入額を差し引
いた2012年の貿易収支ですが、過去最大となる6.9兆円の 赤字という結
果に終わっています。この結果は、第2次石油危機直後の1980年に記録した
2.6兆円を大きく上回る形になっています。東日本大震 災の影響によって、
31年ぶりに貿易赤字に転落した一昨年と比較しても、2.7倍に増えた形で
す。これからの日本の貿易については、懸念材料が大 きいと言えそうです。こ
の要因はどこにあるのでしょうか。まず第一に、世界各地の経済危機によって、
輸出が減ったことが挙げられます。また、原発 の稼動が止まったことで、電力
各社が代替電源として火力発電に切り替えた結果、燃料となる液化天然ガスの輸
入額が年間で約6兆円になっています。 今後については、輸出拡大につながる
製造業の競争力強化がまずは求められます。さらに、新しい成長産業を育成する
ことで、輸出に頼らない経済構造 を目指すことも必要ではないかと思います。



現在のビルである敷金礼金も予想外に返戻金があり、会社の業績、規模が右肩上がりという事もあり自社ビル購入という流れらしいのですが、中々条件に合ったものが無く諦めていた頃にリフォーム工事の不動産情報にいい物件が掲載がしていたので買い取りしたと話してくれました。
地域の医療は深刻な情況です。この間、現代画報社 地域の雑誌の記事を読みましたが、これから医療を考えるきっかけになりました。
きちんと東芝 オール電化">東芝 オール電化についての情報を求めているというものがあったそうです。
同僚に、トップフォーラム ワセダに掲載された情報で行ったと話しており、同僚にはとても感謝されました。
友人は、報道ニッポン 企業家を読んだことが会社をはじめたきっかけになったそうです。
またそのお陰なのか、現代画報社グループに関する事にもすぐに受け答えが出来る程になっていました。
友人は、空いた時間にはビジネス書や、報道通信社 日本の経済誌を読んだりと、とても知識の向上心が高いです。
友人は接待上手で、よく職場の上司や取引先の方達とゴルフ場に打ちに行くそうで、その為にゴルフが更に上手になれるようにと練習を重ねているそうです。
今月、販売業務をしている企業の経理担当として勤務する友人から セミナーで近くまで行くので会いたいとの連絡がありました。
友人はそのこと以外にも様々なことに意欲的になっているようで、トゥースプロフェッショナルが気になっているそうです。
posted by きっちゃん at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。