2011年12月20日

国際通信社のネットのインタビュー記事とは 急性鼻炎

雑誌「報道ニッポン」には、健康をテーマにした特集が紹介されています。

インフルエンザが猛威をふるい、空気が乾燥するほどどうしても風邪をひきやすくなります。
止めどなく流れる鼻水。かんでもかんでも出てきて「一体、どこからこんなに出てくるの」と不快な
思いをすることはないでしょうか。かみすぎて鼻の皮がめくれてしまったり、鼻が赤くなったりも
することがあるかと思います。
そんな中、ある新聞記事に「急性鼻炎」についての特集が載っていました。

風邪などのウイルス感染は、鼻、のどの粘膜から起こります。体が健康ならウイルスをはね返します
が、ストレスや疲れなどで体のコンディションが悪いと、ウイルスが鼻空内で繁殖、免疫反応で炎症
を起こすそうです。これが「急性鼻炎」なのだそうです。
急性鼻炎になると、自律神経が「ウイルスを追い出すために分泌物を増やせ」と指示するようで、体
の防衛反応の結果、鼻汁が増えて「鼻漏(びろう)」いわゆる「鼻水」がよく出るのだそうです。
鼻水は通常、サラサラで透明な「水っぱな」ですが、急性鼻炎が1週間ほど長引くと、「ウイルス菌
をやっつけよう」と白血球などが応援に駆けつけるそうです。すると分泌物が増え、粘りのある風邪
らしい鼻水になるそうです。

鼻炎が長引くと、耳の奥の中耳に炎症が広がる「中耳炎」、鼻の中に隣接している空洞に炎症が広が
り、膿がたまる副鼻腔炎(蓄のう症)になることもあるそうです。粘りのある鼻水になったり、
1週間以上長引くようであれば、耳鼻咽喉科を受診したほうがいいようです。

私の子供が以前、1週間以上粘りのある鼻水が続いたため、小児科ではなく耳鼻咽喉科を受診して
鼻水を吸引してもらって、飲み薬を処方してもらいました。短期間で治りました。
「鼻水だけだから病院には行かない」という方も多いかと思うのですが、長引くようであれば
病院に足を運んだほうがいいかもしれませんね。




ザ・ヒューマン 月刊誌」を発行している国際通信社 コマンドマガジンで働く友人から電話がありました。
以前肌に優しいというシャンプーを紹介してもらったことがあります。
親友の方で、報道通信社 報道ニッポンの掲載要項を知りたいと友人に話している方が居るそうで、その方の為に下調べをしている最中だと話しておりました。
それどころか積極的に奥様も一緒に作るそうで、ついこの前もガンダム メガサイズモデルを2人で作ったそうです。
デジタル一眼の購入を考えていて初心者モデルのS9100BKがよさそうだと聞いていました。
まだ自分の生活を豊かにする上で挑戦したい事は沢山あるようで、現在住んでいる所よりも職場に近く物件検索 大阪で探したいと考えているようです。
リーダーズアイ 取材を見ていた時には、知り合いの企業が紹介されており、それ以外にも気になるリフォーム業者・カーショップの企業など取材記事を目にしました。
上級者向けとして株式会社現代画報社の雑誌が知られているそうで、テクニカル分析はまるで数学を習っているようだと話していました。
投資の1つであるテクニカル指標のことで、その中でもオシレーター系の代表格であり、個人投資家にとってもなじみの深くとても使いやすいのがRSIという機能であり、「RSIが70%を越えたら売り、30%を割ったら買い」というように利用するのだそうです。
株式会社国際通信社から出版されているリーダーズアイ 特集が紹介されています。明日の日本を支える中小企業経営者のための紹介が豊富です。
posted by きっちゃん at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。